中村さんのあきひめ

安来市
2021年11月 年月

果物担当小林です、今週から安来市で栽培されている「中村さんのあきひめ」の出荷が始まりました。

産地状況を見せてもらいに伺いました。今は一番果の収穫を行いながら「わき芽」の摘み取りをされています、この作業をすることで摘み取る果実の成長を促しいちごを大きく育てることが出来るそうです。また写真の地面に見える黒いシート(マルチシート)をかける作業も今の時期なのだそうです、とても大変な作業ですが夜間の地温度を下げすぎないようにすることでよく育つそうです。また、ハウス内にはたくさんのミツバチが働いていました、巣箱の隙間から見えるでしょうか。ハウス内が暖かくなるとたくさんのミツバチが飛び交いますがこの日は気温が低くほとんどのミツバチは巣箱の中でした。

果実と花とが圃場内に少しずつ目立ちはじめこれから収穫量は徐々に増えてきます、クリスマスなどの需要期に向けて期待が持てます。安来の中村さんのが丁寧に仕事をされ作られたあきひめです、店内で見られましたら中村さんの作業など想像しながらお手に取ってみて下さい。